忍者ブログ
現実逃避するための趣味の部屋・・・なのだが逃避できないので、しばらくお休み中。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グランフォンド福島3・・・こでらんに!(前編)

深夜(早朝?)の雷と雨音に起こされてしまった。
こんな天気にならなくてよかったなあ。
そんなことを思いながら、GFを振り返る。

------------------------------------------------------

天気が危ぶまれ、てっきりDNSになるものと思い込んでいたグランフォンド福島。
思いがけない好天に恵まれ、走ることができた。

・・・この好天が、後々サイクリストを苦しめることになる。

午前3時起床。
寝ぼすけおっさんにはあまりにもきつい時間。
それでも一発で起きるとは、楽しみだったからなんだな。

3時50分頃に現着。
CA3A1170.jpg
たくさんの車の間に、けんちゃん、きゃさりんさんの待つテントを発見、受付をする。
スタート時刻は自己申告だ。

国体記念体育館を横目に見ながら、グランフォンドはスタートした。

高湯方面へと列車が進む。
さあ、スカイラインだ。
CA3A1174.jpg

一番苦手な消雪道路が待ち構える。
・・・が、足がフレッシュなのと、まだ気温も高くないせいか、テンポを守り登りきる。(早くはないっす)

料金所はまだ無人。
休もうかと思ったが、誰一人いないので、そのまま進むことにした。

吾妻スキー場の跡あたりで、浜風さんと合流。
いろいろお話させていただいた。
普段なら一緒に走ることなどアリエナイ速い方なのだが、若干遠ざかっていたらしい。
写真を撮ったりしながら楽しく登らせていただいた。
CA3A1175.jpg

CA3A1176.jpg

CA3A1177.jpg

CA3A1178.jpg

CA3A1179.jpg

でも、山頂付近では「ついでがんに~」
141さんの待ち伏せを受けていた(笑)


CA3A1183.jpg浄土平。

2、3台しか見ることができず、写真を撮ってそそくさとスタート。
聖地がただの通過点になってしまうってすごい。

CA3A1185.jpg「1622」でも写真。

CA3A1186.jpgここで一緒だったのは、ブロック屋さんとシャチ丸さん。
(違っていたらゴメンナサイ)

本日の最高地点を通過し、一安心。
・・・「ここまで登りつめることはないんだよね」と密かに思った。

その「登りつめない」残りのコースに苦しめられ、大いに翻弄されることになる。

R115に出てレークラインを目指す。
しばらく下りが続き、楽チンである。・・・というよりスピードが出杉て怖いかも。

・・・そういえば、レークラインって、ちゃりで走ったことがない。
車で走った記憶も定かでない。

ここでは、ブロック屋さんとランデブー。
CA3A1187.jpg
・・・と思いきや、ビミョーに続く登りにあえぎ、姿が見えなくなってしまった(泣)

お天道様に照らされ、気持ちも折れまくり。
この時点で、やっぱりフルコースは無理だと判断。
「スカイバレーに直で向かい、ゴールドラインはパスだ」

R459との交差点で一人ぼっちで小休止。
すると浜風さんがやってきた。
そして、なでら男さん、pontsukoさん、matsuさん、けんちゃんも到着。

どうしようかと思案中だと告げると・・・

「さあ、ゴールドラインに行くよ!」
「まさかショートカットだなんて言わねよない?」
「この時間(8時過ぎ)から戻ったら、午後何してんの??」

・・・てな具合に、マシンガンのように説き伏せられ、ついていくことにした(汗)
誰から・・・とは敢えて言いません(笑)

matsuさんはショートカットを選んでここでお別れ。
残った5台、すぐ信号でとめられグループ分断、このあと、浜風さんの怒涛の引きを目撃することになる。

なでら男さん、ponさんが先行したため、浜風さん、けんちゃん、オイラが追いかける。
平地になり、どんどん飛ばす。

一番後ろで、引いてもらえてありがたい。と思ったのもつかの間、見る見る間に離れていく。
風の抵抗が一番少ないはずなのに・・・
けんちゃんはぴったりついていく。
何キロ出てんの?・・・あーっ!メーター見るのメンドクセ~~!

速い・・・ついでがんに~

磐梯町に入るあたりでようやく追いつき、水の補給。
CA3A1193.jpg
暑い。
暑いけど、みんなあきれるほどパワフルだ。


ゴールドライン。
こここそ、車でも通ったことのない、未開の地。

登りはじめから、きつい・暑い!
料金所が見えたときには、ほんの序章だったのかと思うと、絶望すら感じた。

日当たり良好。住宅物件なら好まれるだろう。
しかし、疲労の溜まった坂馬鹿サイクリストには無用である。

足が止まる感じがしてきて、大腿四頭筋の付け根が悲鳴を上げる。
たまらず止まり、パワージェルの助けを借りる。

けんちゃんが追いついてきて「あと2キロだ」と声をかけてくれた。
こういうケースの2キロは、絶望の2キロとも言う(笑)

CA3A1194.jpgやっと頂上。

CA3A1195.jpg
水補給もできず、なでら男さんを待って、裏磐梯のコンビニにすぺり込む。

途中、ギザミミピカチュウさんとすれ違う。
彼はウィリーしながら、声をかけてくれた。

一同「・・・・・・」(唖然)

昨年もすごいと思ったが、今年もその神出鬼没振りに、一片の曇りもない。

ようやく裏磐梯のコンビニ。
CA3A1196.jpg
浜風さんが待っていてくれた。


あんまり長いので後編に続く・・・
 

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

ゴールドラインは当然のごとく行ったのかなと思っていましたよ。
私たちの場合はみんなで止めようね。話がまとまったので、その場にいたら私もゴールドラインに行くようでしたね。くわばらくわばら笑
でもほんと楽しかったですね。
Re:無題

いやいや~、誰かが「やめよう」といえば二つ返事で同調してたかもしれませんね!
それでも、自分の殻を破る・・・というか限界を知るにはよかったかなと思います。あくまでも結果論ですが(笑)
少なくとも、ソロツーリングではこんなコース行かないですよね?走る機会をもらえたことや、中原さん始め、いろんな方々とお会いできたのがサイコーですね!
ぼっこれたのはあそこ

参加ありがと。完走おめでと。何回言っても足りないよ。ほんとありがと。
ゴールドラインきつかったない。
あそこで足をついたNXNさんの姿を見たとき、実はにやけてました。
やった~ぶっこわれろ~~
その通りになったっしょ?どーにでもなれ~って。
早く後編が読みで~~
Re:ぼっこれたのはあそこ

ん?アソコ??・・・違うか(^^;
実はその前に崩れてたんだよ~。料金所で大体だったもんない!
きつすぎる。ちょっとなめてかかったので、バチがあたったんだない。

改めて読んでみると、足攣りそう(汗)
無題

おつかれさまでした。NXNさん、しゃみですなあ(笑)、ハンバなくはやかったッス。スタミナがすごいですね。おれはあの猪苗代までの下りで足がなくりアウトでした。
Re:無題

疲れましたがホント楽しかったですね~!
スタミナはすっかり底を突きました。
浜風さんとけんちゃんにドラフティングしてもらったはずが、見る見る間に離れて逝ったのには驚いた!次元の違う世界を見せてもらった気分です(汗)
この次はゼヒ「王滝テク」を伝授くだされ~~~!
無題

お疲れさまでした。
 本当に天気よかったですね。曇りか雨だろうと日焼け止めを持って行かなかったので、いま大変なことになっています。
 知らない峠は、あとどれくらいか、ペースはどうすればいいのか、不安ですね。
 また、よろしくお願いします
 
Re:無題

ホントですね、こんなに天気よくなるなんて、予想外でした!おかげでバテバテ・ダメダメでした。
朝出てからは、ひと目お会いすることもかないませんでした~。
この次はチラリと姿が見えるところに・・・無理かも(^^;
こちらこそまたよろしくお願いします!
無題

お疲れさまでした。完走おめでとうございます。
楽しかったです。また,ご一緒しましょう。
これで,今年の「NXN チャレンジ」の残りは,秋の 500km だけですか?(笑)
Re:無題

疲れましたね~!
暑さにはすっかりやられました。鳩峰は「しろくまのきもち」装着でなんとか乗り切りました。

>これで,今年の「NXN チャレンジ」の残りは,秋の 500km だけですか?(笑)

えっ???
な、何のことですか???

ヘンに同調すると、実現しそうで怖いことこの上ありません(大笑)
無題

ん?なに??
またここでもオレンジデビルさんが変な事言ってるぞ。。。
な~んつって、秋は500がい。
一関の駅から50キロ先へ進めば嫌でも500になるから楽勝ですかね????
と、戯言を言ってみる。。。。。。
走ってるときは辛いけど、終わってからの達成感は相変わらず格別ですね。
それにしても、後輩二人はおっかねえ=なぁ~~
Re:無題

セ、センパイ!言ってはなりませぬ!!
本当にやるハメになってしまいますぅ~~(汗)

あくる日は寝て過ごせるようなときに設定しましょう。
・・・って、ダメダメっすよ~~~ん。

>それにしても、後輩二人はおっかねえ=なぁ~~
それ、けんちゃんだけでしょ~~~
センパイのおコトバを具現化するオトコ。。。
カウンター

お天気情報

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール

HN:
udo
性別:
男性
趣味:
スキー・自転車
Jog Note